金融とITで暮らしにイノベーションを起こすPropTech
金融とITで暮らしにイノベーションを起こすPropTech

金融とICTで
暮らしにイノベーションを

5G(第5世代移動通信システム)は通信量においては4Gの1,000倍以上、最大で10Gbpsの通信速度の実現、IoT社会において必須となる同時接続数も4G比で100倍以上とすることが可能となります。送受信時のデータ遅延時間も4G比で10分の1以下(1ミリ秒未満)に抑えることができるため、遠隔地のロボットをリアルタイムで正確に操作することも可能となります。
5Gは、動画配信はもちろんのこと、自動車メーカーやIT企業が開発にしのぎを削る自動運転など、新たな巨大市場を支えるインフラであり、遠隔地の手術等の医療分野、エンターテインメント、建設、不動産など、広範囲の産業に多大な進歩をもたらし、これまでにない新たなサービスを創出する可能性を秘めています。
IoT社会においては、大量のデータ通信とともにビッグデータの蓄積・解析やAIの発展と歩調を合わせ、そのサービス領域も大きな広がりをみせることが予想されますが、膨大なデータを遅滞なく処理する計算インフラが存在しなければに画餅に帰します。
プロップテック株式会社では、生活関連事業に対してICT・金融などを駆使した機能的アプローチにより、人々の生活を豊かなもとしていきます。

Innovation
企業理念
会社概要
メッセージ
プロップテック(株)は、ファイナンスとITC技術を不動産に用いて、住環境を豊かにする事業に取り組んでいます。
プロップテック(株)は、ファイナンスとITC技術を不動産に用いて、住環境を豊かにする事業に取り組んでいます。

PropTechの事業と領域

金融とITの融合であるフィンテック(FinTech)が脚光を浴びるようになりましたが、FinTechという言葉は、2000年代前半から使われていました。従前の旧態依然とした金融サービス分野において、情報通信・処理技術の進歩に伴い、インターネットやスマートフォン、AI、ビッグデータなどを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。
一方、産業別のデジタル化指数を見ても不動産関連の産業は遅れていましたが、近年では「Real Estate Tech」とも呼ばれる不動産テクノロジー企業が登場し、日本でも「不動産テック」が急速に注目され始めました。
不動産テックは、建設・不動産業界のビジネスに情報通信技術とが融合した新しいサービスのことです。「不動産テック」と言う言葉は、「不動産」と「Technology」による造語ですが、欧米諸国では「PropTech」(プロップテック)と表現されている分野です。
プロップテック株式会社は、情報通信技術とフィンテックを用いて、住環境を豊かにする事業に取り組んでいます。
金融とITの融合であるフィンテック(FinTech)が脚光を浴びるようになりましたが、FinTechという言葉は、2000年代前半から使われていました。従前の旧態依然とした金融サービス分野において、情報通信・処理技術の進歩に伴い、インターネットやスマートフォン、AI、ビッグデータなどを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。
一方、産業別のデジタル化指数を見ても不動産関連の産業は遅れていましたが、近年では「Real Estate Tech」とも呼ばれる不動産テクノロジー企業が登場し、日本でも「不動産テック」が急速に注目され始めました。
不動産テックは、建設・不動産業界のビジネスに情報通信技術とが融合した新しいサービスのことです。「不動産テック」と言う言葉は、「不動産」と「Technology」による造語ですが、欧米諸国では「PropTech」(プロップテック)と表現されている分野です。
プロップテック株式会社は、情報通信技術とフィンテックを用いて、住環境を豊かにする事業に取り組んでいます。
事業と領域