PropTechの事業と領域

金融とITの融合であるフィンテック(FinTech)が脚光を浴びるようになりましたが、FinTechという言葉は、2000年代前半から使われていました。旧態依然とした金融サービス分野では、情報通信・処理技術の進歩に伴い、インターネットやスマートフォン、AI、ビッグデータなどを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。
一方、産業別のデジタル化指数を見ても不動産関連の産業は遅れていましたが、近年では「Real Estate Tech」とも呼ばれる不動産テクノロジー企業が登場し、日本でも「不動産テック」が急速に注目され始めました。 不動産テックは、建設・不動産業界のビジネスに情報通信技術とが融合した新しいサービスのことです。「不動産テック」という言葉は、「不動産」と「Technology」による造語ですが、欧米諸国では「PropTech」(プロップテック)と表現されている分野です。
プロップテック株式会社は、情報通信技術とフィンテックを用いて、住環境を豊かにする事業に取り組んでいます。

PropTechaの事業と領域