再生可能エネルギーを用いたバーチャルパワープラント事業や、天候デリバティブを用いた事業の最適化提案、エネルギーデリバティブ商品の活用、温室効果ガス排出権取引の支援を行ないます。

エネルギー関連事業

再生可能エネルギーを用いたバーチャルパワープラント事業や、天候デリバティブを用いた事業の最適化提案、エネルギーデリバティブ商品の活用、温室効果ガス排出権取引の支援を行ないます。
バーチャルパワープラント(VPP)・ディマンドリスポンス(DR)
概要/目的
従前の電力システムは、需要を所与のものとして、需要に合わせて供給を調整してきましたが、天候など自然の状況に発電量が左右される再生可能エネルギーの導入が進んだことから、供給量を制御することが困難になってきました。一方、工場や家庭などが有する分散型のエネルギーリソースは小規模なものですが、IoTを活用したエネルギーマネジメント技術により、電力需給のバランス調整が可能となりました。この仕組みをバーチャルパワープラント(VPP) と呼びます。
ディマンドリスポンス(DR)とは、需要家でエネルギーリソースを保有している者がエネルギーリソースを制御することで、電力需要を変化させることです。
プロップテック株式会社は、VPP・DRを活用したネガワット取引を通じて、安定した電力システムに貢献します。
従前の電力システムは、需要を所与のものとして、需要に合わせて供給を調整してきましたが、天候など自然の状況に発電量が左右される再生可能エネルギーの導入が進んだことから、供給量を制御することが困難になってきました。一方、工場や家庭などが有する分散型のエネルギーリソースは小規模なものですが、IoTを活用したエネルギーマネジメント技術により、電力需給のバランス調整が可能となりました。この仕組みをバーチャルパワープラント(VPP) と呼びます。
ディマンドリスポンス(DR)とは、需要家でエネルギーリソースを保有している者がエネルギーリソースを制御することで、電力需要を変化させることです。
プロップテック株式会社は、VPP・DRを活用したネガワット取引を通じて、安定した電力システムに貢献します。
エネルギー関連デリバティブス
概要/目的
エネルギー市場改革以前には、小売価格は総括原価方式で決定されており、事業者は急激な燃料価格変動などの限定的なリスクのみを負担していました。しかし、市場改革により、電力部門および小売部門、ガス分野ではガス調達部門および小売部門が、それぞれエネルギー市場において自由に取引を行うようになる一方、エネルギー価格の変動リスクを負うこととなりました。今後の取引市場活性化に伴い、リスク管理が求められるようになります。
プロップテック株式会社は、証券・商品市場におけるトレーディングにおいて培ったノウハウを用いて、エネルギー事業者に対して各種デリバティブ商品の提供を行ないます。
エネルギー市場改革以前には、小売価格は総括原価方式で決定されており、事業者は急激な燃料価格変動などの限定的なリスクのみを負担していました。しかし、市場改革により、電力部門および小売部門、ガス分野ではガス調達部門および小売部門が、それぞれエネルギー市場において自由に取引を行うようになる一方、エネルギー価格の変動リスクを負うこととなりました。今後の取引市場活性化に伴い、リスク管理が求められるようになります。
プロップテック株式会社は、証券・商品市場におけるトレーディングにおいて培ったノウハウを用いて、エネルギー事業者に対して各種デリバティブ商品の提供を行ないます。
サービス
エネルギー関連デリバティブス
国内におけるエネルギーシステム改革の進展に伴って、エネルギートレーディングとリスクマネジメントの重要性が増しています。
再生可能エネルギーに影響を及ぼす天候は、コントロールすることは不可能ですが、天候デリバティブスによって、観測期間中に測定された指標(気温、降水量、降雪量などの気象に関する指標)が、契約時に約定した条件に合致する場合に金銭を支払/受領することにより、リスクヘッジが可能です。
また、エネルギーの価格におけるCAP/FLOOR、固定価格とVWAPのスワップ取引等、事業者のニーズに合った商品の提案・提供を行ないます。


事業収益と気象要素との相関関係分析などによるヘッジ戦略提案
原油、天然ガスデリバティブス
降水量、日照時間、気温に関する天候デリバティブス
エネルギー価格に関するOTCデリバティブス
国内におけるエネルギーシステム改革の進展に伴って、エネルギートレーディングとリスクマネジメントの重要性が増しています。
再生可能エネルギーに影響を及ぼす天候は、コントロールすることは不可能ですが、天候デリバティブスによって、観測期間中に測定された指標(気温、降水量、降雪量などの気象に関する指標)が、契約時に約定した条件に合致する場合に金銭を支払/受領することにより、リスクヘッジが可能です。
また、エネルギーの価格におけるCAP/FLOOR、固定価格とVWAPのスワップ取引等、事業者のニーズに合った商品の提案・提供を行ないます。

  • 事業収益と気象要素との相関関係分析などによるヘッジ戦略提案
  • 原油、天然ガスデリバティブス
  • 降水量、日照時間、気温に関する天候デリバティブス
  • エネルギー価格に関するOTCデリバティブス
温室効果ガス排出量取引
概要/目的
排出量取引とは、各企業・国などが温室効果ガスの排出量を排出枠という形で定め、排出枠を超えたものは、排出枠より排出量が少ないところから排出枠を買ってくることを可能にし、それによって削減したとみなすことができるようにする制度です。国内ではJ-クレジットという制度の下で運用されており、企業や公共団体などの省エネ設備の導入や森林管理などによる温室効果ガスの排出削減・吸収量をクレジットとして国が認証します。
排出量取引とは、各企業・国などが温室効果ガスの排出量を排出枠という形で定め、排出枠を超えたものは、排出枠より排出量が少ないところから排出枠を買ってくることを可能にし、それによって削減したとみなすことができるようにする制度です。国内ではJ-クレジットという制度の下で運用されており、企業や公共団体などの省エネ設備の導入や森林管理などによる温室効果ガスの排出削減・吸収量をクレジットとして国が認証します。
サービス
温室効果ガス排出量取引
プロップテック株式会社では、顧客のニーズに沿った温室効果ガス排出量取引のアレンジや海外カーボンマーケットの活用を通じ、大気中の温室効果ガスの削減に貢献いたします。また、温室効果ガス削減プロジェクトの資金調達をクラウドファンディングを用いて支援します。
プロップテック株式会社では、顧客のニーズに沿った温室効果ガス排出量取引のアレンジや海外カーボンマーケットの活用を通じ、大気中の温室効果ガスの削減に貢献いたします。また、温室効果ガス削減プロジェクトの資金調達をクラウドファンディングを用いて支援します。