PPP/PFIをはじめ、官⺠連携事業化支援、公的不動産の利活用、地域活性化支援などを通じて、地域経済の活性化を支援いたします。

公共団体支援事業

PPP/PFIをはじめ、官⺠連携事業化支援、公的不動産の利活用、地域活性化支援などを通じて、地域経済の活性化を支援いたします。
中長期財政計画、
財政運営アドバイス
概要/目的
日本における公共施設の多くは、高度経済成長期における急激な人口増加に対応するため、昭和40年代から50年代にかけて集中的に整備されてきました。これらの施設の老朽化が進み、大規模修繕や建て替え等の時期を一斉に迎えることから、今後、多額の財政需要が予想されます。
厳しい財政状況の中、人口減少や少子高齢化等の環境下、公共施設に求められるニーズも今後変化が想定されるため、財政負担の軽減・平準化を図り将来にわたり継続的なサービス水準を確保していく必要があります。
プロップテック(株)では、公共団体に対して中期的な計画策定の支援や財政負担軽減のための支援を行なっていきます。
日本における公共施設の多くは、高度経済成長期における急激な人口増加に対応するため、昭和40年代から50年代にかけて集中的に整備されてきました。これらの施設の老朽化が進み、大規模修繕や建て替え等の時期を一斉に迎えることから、今後、多額の財政需要が予想されます。
厳しい財政状況の中、人口減少や少子高齢化等の環境下、公共施設に求められるニーズも今後変化が想定されるため、財政負担の軽減・平準化を図り将来にわたり継続的なサービス水準を確保していく必要があります。
プロップテック(株)では、公共団体に対して中期的な計画策定の支援や財政負担軽減のための支援を行なっていきます。
サービス
公共団体では起債や借入を通じて巨額の資金調達を行なっています。起債における調達金利は金融市場の金利変動から大きく影響を受けるため、資金運用と同様、事務的に行なうべきものではありません。調達先の選定方法において入札を行なう等の努力により、最適な調達先の選定を行なっているものの、調達時期や年限は最適ではないことが多く見受けられます。
プロップテック(株)では、将来人口予測、財政支出計画やモンテカルロシミュレーションに基づいた長期財政予想や計画、資金調達戦略や基金運用に関する財政運営アドバイスを行なっております。

将来人口予測、中長期財政予測
発行済地方債ポートフォリオ状況調査、過去の発行条件の分析、発行計画へのアドバイス
預金以外の安全な投資対象の提案、基金保有債券の一時現金化方法の提案、金利動向を踏まえた運用戦略の策定と運用に関わるアドバイス
一般財源に頼らない新しい資金調達方法(BID,SIB,TIF,コンセッション等)の提案・アレンジメント
公共団体では起債や借入を通じて巨額の資金調達を行なっています。起債における調達金利は金融市場の金利変動から大きく影響を受けるため、資金運用と同様、事務的に行なうべきものではありません。調達先の選定方法において入札を行なう等の努力により、最適な調達先の選定を行なっているものの、調達時期や年限は最適ではないことが多く見受けられます。
プロップテック(株)では、将来人口予測、財政支出計画やモンテカルロシミュレーションに基づいた長期財政予想や計画、資金調達戦略や基金運用に関する財政運営アドバイスを行なっております。

  • 将来人口予測、中長期財政予測
  • 発行済地方債ポートフォリオ状況調査、過去の発行条件の分析、発行計画へのアドバイス
  • 預金以外の安全な投資対象の提案、基金保有債券の一時現金化方法の提案、金利動向を踏まえた運用戦略の策定と運用に関わるアドバイス
  • 一般財源に頼らない新しい資金調達方法(BID,SIB,TIF,コンセッション等)の提案・アレンジメント
官民連携事業支援(PPP/PFI)、
公的不動産利活用
概要/目的
公共施設の更新において地方債を増発すると、一般財源の実質的な担保である地方税の大幅な伸びは可能性が低く、国の財政悪化が進む中これまでと同規模の財政移転は期待が出来ないため、将来負担比率/実質公債費比率の悪化といった悪循環に陥る可能性があります。
このような厳しい財政状況の中で、効果的に公共施設の整備等を進める為には民間の資金、経営ノウハウ及び技術を活用していくことが重要で、PPP/PFIやストラクチャード・ファイナンスを拡大することが求められています。
PFI法施行から20年以上が経過しましたが、都道府県の約3割が未実施、人口20万人以上の市区町村の約半数が未実施という状況です。PPP・PFIの知識・経験がある職員や専門家がいないことや、官民でどのようにリスク・責任を分担すべきかが不明であることが理由とされています。
プロップテック(株)では、事業において“何を作る”ではなく“何をやる”という切り口から、その地域に適した事業構想をベースに官民連携事業支援いたします。
公共施設の更新において地方債を増発すると、一般財源の実質的な担保である地方税の大幅な伸びは可能性が低く、国の財政悪化が進む中これまでと同規模の財政移転は期待が出来ないため、将来負担比率/実質公債費比率の悪化といった悪循環に陥る可能性があります。
このような厳しい財政状況の中で、効果的に公共施設の整備等を進める為には民間の資金、経営ノウハウ及び技術を活用していくことが重要で、PPP/PFIやストラクチャード・ファイナンスを拡大することが求められています。
PFI法施行から20年以上が経過しましたが、都道府県の約3割が未実施、人口20万人以上の市区町村の約半数が未実施という状況です。PPP・PFIの知識・経験がある職員や専門家がいないことや、官民でどのようにリスク・責任を分担すべきかが不明であることが理由とされています。
プロップテック(株)では、事業において“何を作る”ではなく“何をやる”という切り口から、その地域に適した事業構想をベースに官民連携事業支援いたします。
サービス
公共施設には、行政事務を執行する庁舎のような施設、博物館施設(美術館、水族館等を含む)、特別会計や企業局として実施される病院や発電事業のための施設等さまざまな施設があります。施設の価値は、その施設の建物の価値であり、建物価値はその建物において実施される事業がどれだけのキャッシュフローを生み出すかに依存します。つまり、どのような事業用途で施設を活用するかによってその価値は決まります。
プロップテック(株)では、ZENホールディングスグループにおける民間商業施設等の整備において培った商圏調査やテナントリーシング等のノウハウを活かして、 公共施設整備における最適な事業構想、事業化手法調査および事業における資金調達アレンジメント、グループの持つリソースを活用したテナントリーシング、管理業務およびアセットマネジメント業務のアレンジまでオールイン・ワンのサービスを提供いたします。

フィージビリティ・スタディ(事業化手法調査、PFI導入可能性調査等)
コンソーシアムの組成、SPCの資金調達、プロジェクトマネージメント
テナントリーシング、BM・PM業務のアレンジメント
SPCに対するAM業務
公共施設には、行政事務を執行する庁舎のような施設、博物館施設(美術館、水族館等を含む)、特別会計や企業局として実施される病院や発電事業のための施設等さまざまな施設があります。施設の価値は、その施設の建物の価値であり、建物価値はその建物において実施される事業がどれだけのキャッシュフローを生み出すかに依存します。つまり、どのような事業用途で施設を活用するかによってその価値は決まります。
プロップテック(株)では、ZENホールディングスグループにおける民間商業施設等の整備において培った商圏調査やテナントリーシング等のノウハウを活かして、 公共施設整備における最適な事業構想、事業化手法調査および事業における資金調達アレンジメント、グループの持つリソースを活用したテナントリーシング、管理業務およびアセットマネジメント業務のアレンジまでオールイン・ワンのサービスを提供いたします。

  • フィージビリティ・スタディ(事業化手法調査、PFI導入可能性調査等)
  • コンソーシアムの組成、SPCの資金調達、プロジェクトマネージメント
  • テナントリーシング、BM・PM業務のアレンジメント
  • SPCに対するAM業務
地域活性化支援
概要/目的
地方には仕事がないので人口の社会減が激しいといった声が聞かれます。しかし、都道府県別有効求人倍率をみると、最低の都道府県においても1.00倍を超えています。つまり仕事がないのではなく、労働市場における需給ギャップが発生しているのです。必要とされる人の社会減が原因と思われます。
プロップテック(株)では、必要とされる生産年齢人口の社会減の対策として、金融面・プログラム面から創業・ベンチャー育成を支援しております。
また、賑わいづくりのための事業構想、地域通貨の発行支援やUIJターンプログラムを通じて地域活性化の支援を行なっています。
地方には仕事がないので人口の社会減が激しいといった声が聞かれます。しかし、都道府県別有効求人倍率をみると、最低の都道府県においても1.00倍を超えています。つまり仕事がないのではなく、労働市場における需給ギャップが発生しているのです。必要とされる人の社会減が原因と思われます。
プロップテック(株)では、必要とされる生産年齢人口の社会減の対策として、金融面・プログラム面から創業・ベンチャー育成を支援しております。
また、賑わいづくりのための事業構想、地域通貨の発行支援やUIJターンプログラムを通じて地域活性化の支援を行なっています。
サービス
支援プログラム
移住やIターン・Uターン促進には、新たな雇用の創出が不可欠となります。そのためにプロップテック(株)では、起業・創業・新規事業へのチャレンジを支援するプログラムを提供しています。
企業が成長するための活動には多くの資本や労働力が必要であり、特に成長の過程においては資金、販売、経営管理などの諸々の力が必要となります。経営資源というのは「ヒト」「モノ」「カネ」といった有形のものが中核とされてきましたが、プロップテック(株)では、知識社会の進展に伴い重要視されるようになっている「情報」、「考える力」、「ネットワーク」に注目し、ヒトを育てるプログラムを提供いたします。


新規事業創造プログラム(よちよち歩き期)、人材交流型プラットフォーム運営
アクセラレータ・プログラム(成熟期)
メンタリング、ハンズオン支援(上場等の支援)
新規事業チャレンジプログラム、事業継承支援
移住やIターン・Uターン促進には、新たな雇用の創出が不可欠となります。そのためにプロップテック(株)では、起業・創業・新規事業へのチャレンジを支援するプログラムを提供しています。
企業が成長するための活動には多くの資本や労働力が必要であり、特に成長の過程においては資金、販売、経営管理などの諸々の力が必要となります。経営資源というのは「ヒト」「モノ」「カネ」といった有形のものが中核とされてきましたが、プロップテック(株)では、知識社会の進展に伴い重要視されるようになっている「情報」、「考える力」、「ネットワーク」に注目し、ヒトを育てるプログラムを提供いたします。

  • 新規事業創造プログラム(よちよち歩き期)、人材交流型プラットフォーム運営
  • アクセラレータ・プログラム(成熟期)
  • メンタリング、ハンズオン支援(上場等の支援)
  • 新規事業チャレンジプログラム、事業継承支援
資金調達・ファンド支援
「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」も突き詰めれば、「モノ」は「カネ」で買える、「情報」 は「ヒト」と「モノ」(計算されたデータ)によってもたらせることを考えると、経営資源は「ヒト」「カネ」 の2つに集約されると考えられます。
プロップテック(株)では、「カネ」の調達を事業フェーズとその使用用途により最適な方法で支援いたします。 


大手企業協賛のVCピッチとVCファンド紹介
VCファンドの組成・管理・運営(GP)
ベンチャー企業投資
事業継承・企業再生ファンドの管理・運営(GP)
「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」も突き詰めれば、「モノ」は「カネ」で買える、「情報」 は「ヒト」と「モノ」(計算されたデータ)によってもたらせることを考えると、経営資源は「ヒト」「カネ」 の2つに集約されると考えられます。
プロップテック(株)では、「カネ」の調達を事業フェーズとその使用用途により最適な方法で支援いたします。

  • 大手企業協賛のVCピッチとVCファンド紹介
  • VCファンドの組成・管理・運営(GP)
  • ベンチャー企業投資
  • 事業継承・企業再生ファンドの管理・運営(GP)
移住定住促進事業支援
人口減少下において移住定住を促進することは容易ではありません。移住定住を促進するためには、①その地を知ってもらい・興味を持ってもらい、②そこで希望する仕事がある、③家族の同意もしくは移住地において配偶者が見つかる。といった困難な条件をクリアしなくてはなりません。①の条件を満たすことが容易なのはUターンです。プロップテック(株)では、 東京に就学・就労のため在住している地方出身の男女に対して、Uターンを促すためのプログラムを用意しています。 


出身地データ(個人情報)を活用した最適Uターン政策調査
大都市に在住の地方出身者データを活用したUターンイベントへの招待、開催
Uターン検討者に対する創業・雇用情報提供
Uターン検討者と出身地データを活用した地方在住者の婚活マッチング
人口減少下において移住定住を促進することは容易ではありません。移住定住を促進するためには、①その地を知ってもらい・興味を持ってもらい、②そこで希望する仕事がある、③家族の同意もしくは移住地において配偶者が見つかる。といった困難な条件をクリアしなくてはなりません。①の条件を満たすことが容易なのはUターンです。プロップテック(株)では、 東京に就学・就労のため在住している地方出身の男女に対して、Uターンを促すためのプログラムを用意しています。

  • 出身地データ(個人情報)を活用した最適Uターン政策調査
  • 大都市に在住の地方出身者データを活用したUターンイベントへの招待、開催
  • Uターン検討者に対する創業・雇用情報提供
  • Uターン検討者と出身地データを活用した地方在住者の婚活マッチング