顧客本位の業務運営を
実現するための方針

プロップテック株式会社(以下「当社」といいます。)は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」に掲げる7原則全てを2018年2月22日付で採択し、以下に掲げる内容を当社の金融商品取引業における基本方針にすることといたしました。

当社は「お客さまのため」に金融商品取引業を行う者としての顧客本位の業務運営の遵守をお約束し、以下のことを宣言し、実践します。

【お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表等】

当社は、お客様本位の業務運営に関する方針(以下「本方針」といいます。)を策定し、当社ホームページに掲載することにより公表いたします。本方針は、外部・内部環境の変化に応じて定期的に見直すものとします。

【お客様の最善の利益の追求】

当社は、お客様の利益実現を第一に考えて業務を行い、これにより当社の安定したお客様と信頼関係の強化につなげていくことを指針とします。こうした姿勢について、当社及び外部講師等が実施する各種研修等を通じて、役職員に対して周知徹底を継続的に行います。

【利益相反の適切な管理】

当社は、ZENホールディングスグループの一員として、金融商品取引業において、グループ会社間で様々な利益相反が生じる可能性が考えられることから、これらをグループ会社間で連携して適切に管理し、お客様の利益の保護を図るよう努めます。グループ間以外にも、当社が取り扱うすべての取引において、お客様との利益相反が生じる可能性を認識し、その把握に努め、必要な措置の検討や対応、お客様への告知など誠実・公正に業務を行います。

【手数料等の明確化】

当社は、お客様にご負担いただく手数料その他の費用の詳細についてご理解いただけますよう、担当者から十分に説明をさせていただきます。当社がいただく手数料は、金融商品に関する資料作成・送付等の事務コスト、金融商品取引業に携わる役職員の人件費、当該役職員に対するサービス向上・知識習得等のための社員教育その他費用に充当しております。

【重要な情報の分かりやすい提供】

当社は、お客様の投資目的、投資経験や金融知識に応じて、金融商品・サービスにおける収益、リスクその他重要な情報を、お客様が最適な判断ができるよう、分かりやすく提供いたします。

【お客様にふさわしいサービスの提供】

当社は、適合性の原則に則り、お客様の資産状況、取引経験、投資目的、金融商品知識、取引ニーズ等をお聞きし、お客様に最適な商品・サービスを提供してまいります。当社は、お客様にふさわしい情報提供を行うために、役職員がその取り扱う金融商品の仕組み等について十分に理解を深めるよう、意識付けを継続的に行います。

【従業員に対する適切な動機づけの枠組み等】

当社は、全役職員に対して「コンプライアンス研修」を年一回以上実施し、コンプライアンス遵守に関する意識の向上を図るよう努めております。当社は、金融商品取引業に従事する全役職員に対して、年二回以上実施する当社顧問である専門家による「社内研修」の受講、第二種金融商品取引業協会主催の研修会等への参加を徹底し、全役職員の「本方針」に対する理解の強化を継続して取り組みます。

2019年2月22日制定
プロップテック株式会社