手数料および
リスクに関する説明

金融商品取引を行うにあたっては、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。すべての金融商品には、関連する特殊リスクがあり、国内外の政治・経済・金融情勢、為替相場、株式相場、商品相場、不動産相場、金利水準等の市場情勢、発行体等の信用力、その他指標とされた原資産の変動により、損失や支払い義務が生じることがあります。
「不動産の信託受益権」、「匿名組合出資の持分権」等の金融商品は、その投資対象の原資産である不動産に関する賃料相場や地価相場の下落、対象不動産のテナント入居率の低下、対象不動産の瑕疵・毀損・経年劣化や天災地変等による価値変動等により、投資した元本の欠損が発生するリスクがあります。
デリバティブのお取引の場合には、弊社との合意により具体的な額が定まる保証金等をお客様に差し入れていただくこと、追加保証金等を差し入れていただく可能性もあり、こうした取引についてはお取引の額が保証金等の額を上回る可能性があります 。また、上記の指標とされた原資産の変動により、保証金等の額を上回る損失または支払い義務が生じるおそれがあります。
取引の種類によっては、金融商品取引法施行令第16条第1項第6号が定める売付けの価格と買付けの価格に相当するものに差がある場合があります。なお、商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料をよくお読みください。
権利行使期間がある場合は権利を行使できる期間に制限がありますので留意が必要です。期限前解約条項、自動消滅条項等の早期終了条項が付されている場合は、予定された終了日の前に取引が終了する可能性があります。